先日から夏休みも終わり、娘の幼稚園が始まりました。
長い夏休みで遅寝遅起きの癖がついてしまい、登園日前日の夜はなかなか早く寝てくれませんでしたが、
翌朝、朝ごはんもしっかり食べて、なんとか無事に幼稚園に送り出す事が出来ました。

幼稚園から帰ってきた娘は、久しぶりの幼稚園にちょっと興奮した様子で、
先生の事やお友達との事を色々と話してくれました。
幼稚園では、夏休みの思い出の絵を画用紙に描いたようで早速私に見せてくれました。

娘にとっての夏休み一番の思い出は、家族で行った花火大会だったようで、
画用紙には家族3人の笑顔と美味しそうな夜店の屋台の絵があり、
画用紙の上半分には、大きく色とりどりの花火が描かれていました。

嬉しそうに絵の説明をしてくれた娘ですが、久々の幼稚園に少々疲れてしまったのか、
いつの間にか眠ってしまいました。

夏休みは娘にとっても家族にとっても、素敵な思い出になったようで本当に良かったです。

これから幼稚園生活が始まりますが、娘は来年の春には小学生になるので、
最後の幼稚園生活も思い出深いものになるよう、楽しい思い出を沢山作ってほしいと思います。